野村アセットマネジメント

ESGインテグレーション

実際の運用において、ESGの要素を運用プロセスに組み込んで投資判断に活用する、いわゆるインテグレーションの取組みは重要です。
野村アセットマネジメントでは、投資先企業に対して独自のESG評価を行ない、投資判断に活用しています。
企業を評価する財務情報などのファンダメンタルズ分析を土台として、ESGを含めた非財務情報の評価を効果的に運用プロセスに組み込むために、株式運用と債券運用の双方で、当社独自のESG評価を行なっています。
こうした手法を運用へ統合することは、ダウンサイドリスクの低減のみならずリターンの向上のために必要不可欠な手段となっています。
ESG評価は日本企業だけではなく、欧米先進国やアジア・エマージング諸国の企業も対象の範囲としています。気候変動や人権などのグローバルな共通テーマに加え、個別産業・企業ごとのESG課題を抽出し、様々なリサーチや複数の外部評価情報を活用しながら、当社独自のESGスコアを付与し、運用に活用できる体制を構築しています。

インテグレーションにおける特徴

株式運用
リスク項目だけではなく、将来の収益を創出するような機会にも注目し、投資先企業のESG評価を実施。
株式運用におけるインテグレーションは、共通のESG評価をベースに戦略ごとに異なる手段で運用プロセスへ組み込んでいる。
債券運用
クレジット投資にとって重要なESG要素を様々なリサーチをベースに選別し、ESG評価とモデル化を実施。
債券運用におけるインテグレーションは、モデルをベースとしたインテグレーションだけでなく、クレジット・アナリストによる定性評価を加え、ポートフォリオのリスク調整後リターンの改善と持続性を考慮する形で運用プロセスに組み込んでいる。

株式ESGインテグレーション

ESG評価は、我々の多くの運用戦略に組み込まれています。
運用プロセスでは、ポートフォリオを構築するにあたり、定量的な分析と定性的な評価を踏まえて、銘柄選択を行ないます。
定量的な分析には、株価の割安、割高指標に加え、アナリストによるファンダメンタルズ分析に基づいた将来の利益成長率、株主資本利益率、キャッシュフローや財務健全性の予測なども含まれます。定性的な評価には、産業の成長性や、技術開発、競合状況、サプライチェーンの構造など、将来の財務状況の予測に直接的に結び付けられる分析に加えて、事業が環境や社会に与える影響、自然災害に対するリスク管理体制、労働環境改善の取り組み、取締役会の構成、資本政策など、その企業の成長持続性を評価する非財務情報に関わる分析があります。これらがESG評価と言われるものです。この「持続可能性」を評価する指標として、ESG指標は非常に有効性が高いと考えています。
実際に評価を行なう際には、当社のアナリストとESGスペシャリストにより作成している独自のESGスコアを参考にして「持続可能性」の評価を加え、それぞれの運用プロセスで最終的な投資格付け(投資判断)を行ないます。当社のESGスコアは、環境・社会・ガバナンス・SDGsにより構成されており、リスク要因や投資機会がどの分野にあるかなどをストラテジー・プラットフォームにおいて分析・評価することが可能となっています。
また、各運用プロセスにおける議論を踏まえて投資対象銘柄への追加的なESG調査が必要であると判断した場合に、責任投資調査部のESGスペシャリストに対し調査を依頼し、最終投資格付けを付与する際の評価に加えることもあります。そして、「買い」という最終投資格付けが付与された投資ユニバースから、運用戦略ごとにポートフォリオを構築するというプロセスに至ります。
また、基準となるESG評価はグローバルでも構築しています。気候変動や人権などの共通テーマに加え、個別産業・企業ごとのESG課題を抽出し、複数の外部評価情報を活用しながら当社独自のESGレーティングを付与し、運用で活用できるようにしています。

株式運用の投資プロセス

株式運用の投資プロセス図

上記は、外部委託ファンドを除きます。

野村アセットマネジメントの主なESGファンドはこちらをクリック