サイト内

リート(不動産投資信託)とは?

リートの特徴

リート(REIT:Real Estate Investment Trust)とは、投資家から資金を集めて、オフィスビルや商業施設、賃貸住宅などの不動産を購入し、管理・運用することを目的とした投資信託です。

リートの特徴
・上記はイメージ図です。
  • 小口資金でも投資可能

    不動産は数千万円以上であることが多く、直接投資には多額の資金が必要ですが、リートは数十万円程度の小口の資金でも投資できます。

  • 様々な不動産に分散投資

    不動産を分散投資しようとすると、さらに大きな投資資金が必要です。リートは通常、様々な不動産に投資をしているため、分散投資効果が得られます。

  • 不動産のプロが運営・管理

    手間がかかる不動産の運営や管理をプロに任せることができます。投資した不動産の価値を高めるような運営や管理も、リートの腕の見せ所です。

  • 証券市場等で取引

    不動産は物件探しが難しく、取引にも時間や手間がかかります。一方、多くのリートは市場に上場しているため、いつでも売買でき、手間もかかりません。

リートファンドのしくみ

「○○リートファンド」などのリートに投資する投資信託は、リートが発行する投資証券に、お客さまの代わりに市場で投資します。そのため、投資したリート価格などの影響により基準価額は変動します。

リートファンドのしくみ
・上記はイメージ図です。また、国・地域によってリートと称しない場合があります。

作成:2012年10月