サイト内

どうやって購入するの?

STEP1. 商品の選択・決定

資産運用の初心者にとって小口で分散投資ができて、専門家に運用をまかせることができる投資信託は強い味方ですが、
日本には一般投資家が購入できる公募投資信託だけでも5,000本以上、野村アセットマネジメントが運用しているファンドだけでも700本以上あります。(2021年3月末時点)
いったい、どれを選んだらいいの?
そんなお悩みに、ぜひ野村アセットマネジメントのホームページをご活用ください。
※(出所)一般社団法人投資信託協会ホームページ、野村アセットマネジメントホームページ

商品の選択・決定

ホームページ上部メニューの 商品・サービス の「様々な条件から商品を選ぶ」からファンドを選ぶことができます。

商品を選ぶ様々な条件から

「毎月分配型」、「新商品」など気になるキーワードにチェックを入れてファンドを選ぶことができます。

証券会社、銀行をプルダウンして身近な金融機関や信頼できる金融機関で購入できるファンドを選ぶことができます。

ニュースや新聞で見た商品名や新聞に載っていたファンドの略称を入力することで、気になるファンドを探すことができます。

リターンランキング日次、1か月の短期から3年、5年の長期まで、リターンTOP20を見ることができます。 純資産総額ランキングファンドの規模を表す純資産総額ランキングです。閲覧上位ファンドランキングみんなが注目しているファンドを知りたい!という方に。

  • キーワードから選ぶ

    「毎月分配型」、「新商品」など気になるキーワードにチェックを入れてファンドを選ぶことができます。

  • 販売会社から選ぶ

    証券会社、銀行をプルダウンして身近な金融機関や信頼できる金融機関で購入できるファンドを選ぶことができます。

  • 商品名称等から選ぶ

    ニュースや新聞で見た商品名や新聞に載っていたファンドの略称を入力することで、気になるファンドを探すことができます。

  • ランキングから選ぶ

    リターンランキング日次、1か月の短期から3年、5年の長期まで、リターンTOP20を見ることができます。純資産総額ランキングファンドの規模を表す純資産総額ランキングです。閲覧上位ファンドランキングみんなが注目しているファンドを知りたい!という方に。

選び方に迷ったら、上のボタンに触れるとヒントが出てきます。

ホームページ上部メニューの 商品・サービス の「分類から選ぶ」から、気になる投資対象や様々な種類のファンドを選ぶことができます。

▼分類から選ぶ

STEP2. 口座開設

金融機関によって取り扱っているファンドは異なります。
ファンドを購入するには、預貯金の口座とは別に、そのファンドを取り扱っている金融機関の投資信託の口座開設が必要になります。

まずはこれを準備しよう!

手続きに必要な「いん・まい・ほん」を準備しましょう。

  • いん

    いん
  • まい

    まい
  • ほん

    ほん

チェックポイント

本人確認書類(原本・コピー)は、以下2点を確認できる必要があります。
(1)本人確認書類そのものの有効期限
(2)提供書類に記載された住所・氏名・生年月日

【A】顔写真付の本人確認書類
・旅券/パスポート(注1) ・運転免許証 ・運転経歴証明書 ・身体障害者手帳 ・精神障害者保健福祉手帳
・療育手帳 ・在留カード ・特別永住者証明書
(有効期間内の原本のコピー)

【B】顔写真のない本人確認書類
・住民票の写し(注2) ・住民票の記載事項証明書(注2) ・印鑑登録証明書
(発行から6か月以内の原本またはコピー)
・健康保険証(各種)(注3) ・国民年金手帳(氏名・住所・生年月日の記載があるもの) ・福祉手帳(各種)
(有効期間内の原本のコピー)

※【A】のいずれか1点、または【B】のうち2点


(注1)2020年2月4日以降に申請した「旅券(パスポート)」は所持人記入欄がないため、ご利用いただけません。
(注2)「住民票の写し」と「住民票の記載事項証明書」で2点とすることはできません。
(注3)記号・番号、被保険者番号を塗りつぶしてください。

※上記は一般的な例です。顔写真付きのマイナンバーカードをマイナンバー確認書類とした場合は、本人確認書類が不要となる場合もあります。
また、ネット取引等の際は印鑑が不要な場合もあります。詳細については販売会社へお問い合わせください。

あなたに合った方法は?

CASE.1わからないことはその場で確認!窓口派のAさん
投資信託を始めてみたいな。

「いん・まい・ほん」を持って、販売会社の窓口へ→→→

投資信託を始めたいので口座開設をお願いします。

チェックポイント

わからないことはどんどん質問しましょう!

CASE.2時間がない!ネット派のBさん
時間がない!ネット派のBさん

お取引の流れ

  • 1

    メールアドレスを入力して、
    申込用URLを受信

  • 2

    本人確認書類の画像を
    アップロード

  • 3

    お客様情報の
    登録

  • 4

    郵送で「口座開設の
    ご案内」を受領

上記は一例です。

チェックポイント

デジタルカメラ・スマートフォン等で本人確認書類等を撮影する場合、画像が不鮮明だと再提出になることも。

画像を撮影する際のコツは

・スマートフォンで本人確認書類を撮影するとき、シャッターを押す前に、画面内の被写体をタップしてピントをあわせる
・撮影後、本人確認書類の文字が読めるか、書類の全体が映っているかを確認
・光や影が映り込んでしまう場合は、書類を壁に立てかけて撮影するのがお勧め

CASE.3パソコン操作は面倒!郵送派のCさん
パソコン操作は面倒!郵送派のCさん

お取引の流れ

  • 1

    電話で口座開設申込書
    を請求

  • 2

    申込書類を
    受け取り

  • 3

    申込書に記入・捺印の上、
    本人確認書類を添えて返送

  • 4

    郵送で「口座開設の
    ご案内」を受領

上記は一例です。

チェックポイント

印鑑に不備があると再度郵送で提出が必要になり、口座開設までに時間がかかります。

印鑑をきれいに押すコツは

・印鑑マットを使用する(なければチラシや紙を四つ折りにして下に敷いてもOK)
・朱肉はつけすぎない
・印鑑を押す際に小さく「の」の字を書くように力を入れると、力の入り方が均等になる

STEP3. お申込み

各販売会社の窓口にて、ご購入のお申込みをお願いします。
電話やインターネットでのご注文が可能な金融機関もございます。口座開設、お申込みの際にご確認下さい。
お申込みの際には必ず目論見書をご確認ください。
目論見書には、投資家が投資信託を購入するにあたって知っておくべき重要な情報が掲載されています。詳しくはこちらをご覧ください。

STEP4. 取引内容の確認

投資信託の取引が成立した場合、販売会社から契約締結時交付書面、取引報告書が送付されます。取引報告書には、購入したファンドの情報が記載されているため、必ず確認しましょう。